老人保健施設への転職を成功させるには?

老人保健施設で働く

転職を成功させるための対策

2018/09/04

志望動機のポイント

老人保健施設は病院と自宅をつなぐ役割を持っています。身体的に不安のある高齢者が自宅で過ごせるよう在宅復帰に向けてリハビリを行いますが、これは他の介護施設では見られない特徴です。そのため、老人保健施設へ転職したいのであれば、その特徴に関連付けて志望動機を作ることおすすめします。たとえば、「リハビリに興味があったため学びながら介護をしたいと思いました」や「今後の介護に役立つよう医療的な処置を学びたかったから」のように、老人保健施設の特徴を取り入れるとより好印象を与えることができます。特定の施設が決まっているのであれば事前に転職サイトのエージェントに教えてもらうこともできるので相談してみましょう。
また、老人保健施設に入所している高齢者は要介護1~5までと介護度が幅広いため、応募してくる人の中には介護業界が未経験の人も少なくありません。そのため、イメージと違ったからと早期に退職してしまう人も多く、長く働いてくれるかどうかを重要視しているところも少なくありません。長く働きたいことを伝えるとさらに好印象を与えることができます。

面接のポイント

まずは面接官が何を重視しているのかを考えておくことです。老人保健施設はリハビリを中心とした医療的な面が強い施設なため、ある程度医療知識がある人や医療の勉強に熱心な人を採用する傾向があります。そのため、面接では医療に興味があることや今後学んでいきたいことをアピールするといいでしょう。また、老人保健施設の特徴でもあるリハビリについても聞かれることがあるので、きちんと答えられるように準備しておかなければなりません。
老人保健施設に入居している高齢者は他の施設と比べても元気な人が多いため、面接では明るく元気なところをアピールするのもおすすめです。面接は何を聞かれるのか分からないという不安から緊張してしまう人も少なくありませんが、だからといって暗い顔でいては面接官に不安を与えてしまいかねません。笑顔で明るく答えるようにしましょう。

自己アピールのポイント

自己アピールではこれまでの経験をどう活かせるかを伝えることが大切です。老人保健施設で働いた経験がある人はその経験から活かしたいことを、働いたことがない人はこれまでの介護経験で得たことを伝えるといいでしょう。たとえば、「高齢者がもっと元気になるよう本などから学び、リハビリも兼ねたレクリエーションを行いました」や「介護度が低く元気な高齢者に対しても公平に接し、リハビリになるようなレクリエーションも積極的に開催しました」と、老人保健施設の特徴に関連付けてアピールするようにしましょう。

老人保健施設で働きたい人におすすめの記事はコチラ!

老人保健施設には要介護1~5までの高齢者が入所しています。そのため介護方法も幅広く学ぶことができますが、在宅復帰を目指してリハビリに力を入れているため、介護に対する問題も違った観点から考えることができます。

老人保健施設で働くなら

老人保健施設にはさまざまな介護度の高齢者が入所しているため介護を幅広く学びたい人に最適です。老人保健施設についてより詳しく紹介していくので興味のある人はぜひ参考にしてみてください。当サイトについてのお問い合わせは【こちらから】